TOP 業務内容 不動産鑑定評価

不動産鑑定評価 Real estate appraisal

商品ラインナップ / Line Up

不動産鑑定評価書 「不動産鑑定評価基準」に則った不動産鑑定評価書(価格・賃料)
不動産調査書 「不動産鑑定評価書」で対応できない条件を前提とした不動産調査書(価格・賃料)
不動産査定書 価格・賃料の算出過程に重点を置いた低料金、短納期で対応する不動産査定書(価格・賃料)
セカンドオピニオン 他社から取得した不動産鑑定評価書等について、鑑定評価額決定に至るプロセスや各種判断の妥当性を、当社が検証を行い(レビュー)、不動産調査書として提出するセカンドオピニオン

利用可能なシーン / Scene

不動産鑑定評価書 公的機関(訴訟、会計監査、税務対策等)への提出書類、金融機関の融資、対外交渉等、すべてのシーンに対応できます。 複合的な利用(融資・税務対策、M&A・融資・税務対策、訴訟・税務対策等)にも対応可能です。
不動産調査書 不動産鑑定評価書と基本的に同じ記載内容ですが、不動産鑑定評価書で対応できない条件でも対応可能です。公的機関への提出書類を前提としません。
●現状とは異なる想定上の条件を前提とする場合
●造成工事が完了していない土地又は建築工事が完了していない建物について、当該工事の完了を前提として行う価格・賃料
●不動産鑑定評価書を取得した後、期間の経過に伴い、再度、現時点での価格・賃料が必要となった場合
●特定の資金調達条件を前提とする場合
●共同ビル事業等で、権利割合を求める根拠として価格を求める場合
不動産査定書 内部資料・関係当事者での利用を前提とします。
●取引(売買・賃貸借等)における社内検討資料
●取引予定先との打合わせ資料
●調停、売買等において、価格・賃料に関する資料が必要な場合
●公的機関に不動産鑑定評価書を提出する前に、価格・賃料を把握する場合
●多数の物件の中から鑑定評価書が必要となる物件を抽出する場合
●不動産業者が査定した価格の妥当性を検証したい場合
セカンドオピニオン 他社から取得した不動産鑑定評価書等について、鑑定評価額決定に至るプロセスや各種判断の妥当性を検証したい場合

鑑定評価サービスの流れ Flow

step01お問い合わせ・無料相談

お問い合わせ・無料相談

お問い合わせや無料相談は、お電話/お問い合わせフォーム/OnLine相談から承っております。
OnLine相談の場合には、お問い合わせフォームでご希望日時を予約してください。弊社のご連絡をもって、相談日時の確定となります。
お問合せ/OnLine相談の際に、お問い合わせフォーム等を利用して、物件資料をご提示頂けると、より具体的な相談対応が可能となります。

step02お見積もり

お見積もり

ご相談内容、ご依頼内容に沿った商品を選択して、鑑定評価業務報酬料の見積書をお送り致します。ご不明点があれば、再度お問い合わせ頂いて、しっかりご検討ください。

Step03ご契約

ご契約

商品内容とお見積りについて了解して頂きましたら、提出納期の調整を行って、ご契約(業務依頼契約の締結)になります。

Step04現地調査

現地調査

鑑定評価の対象となる対象物件の現地調査を行います。全国に所在する遠方の不動産でも、スピーディーに対応させて頂きます。

step05鑑定評価(価格・賃料)の実施

鑑定評価(価格・賃料)の実施

ご提示資料、現地調査、行政調査、収集資料に基づき、鑑定評価作業を実施します。

step06中間報告(内報額の提示)

中間報告(内報額の提示)

商品(不動産鑑定書等)の提出前に、内報額(不動産鑑定書等に記載される評価の条件、価格、賃料等)を報告させて頂きます。

Step07不動産鑑定評価書等の提出

不動産鑑定評価書等の提出

鑑定評価額の結論に至るまでの全プロセス(評価方針・調査内容・分析内容・査定根拠・検討内容・結論根拠)が記載された商品(不動産鑑定評価書等)を納品させて頂きます。
また、鑑定評価の結果を踏まえて、お客様の立場に立った専門的なアドバイスをさせて頂きます。

Step08鑑定評価業務報酬のお支払い

鑑定評価業務報酬のお支払い

商品(不動産鑑定評価書等)の納品後に、鑑定評価業務報酬をお支払い頂きます。

お問合せ・ご相談はこちら

お問合せ・ご相談はこちら Contact