TOP BLOG aaaaaaaa

カテゴリ1

aaaaaaaa

1 土地

①更地は、土地の所有者が未利用のままにしているなど、建物等の敷地として使っていない土地を言います。空き地がその代表的な例ですが、青空駐車場として利用されているものも更地と言えます。

②底地は、「建物所有を目的とする借地権等の付着した土地」で、土地の所有者がその土地を自分で利用せず、他人が利用している形態です。ただし、建物所有を目的としていない貸駐車場は借地権が付着した「底地」ではありません。

 上記二つは、土地を所有権側からみた形態です。

③借地権は、土地の所有権ではないが、その土地を利用する権利であり、借地借家法第2条で「建物所有を目的とする地上権または土地の賃借権をいう」と定められています。

2 建物

  • ①自用の建物とは、建物の所有者が他人に貸さずに使用しているものを言います。
  • ②貸家(かしや)は、建物の所有者が他人に貸しているものを言います。借りている側からみると「借家」(しゃっか)となります。
  •  建物には色々な種類があります。一戸建住宅、共同住宅、事務所、店舗、工場、倉庫などです。

 

  1. ①自用の建物とは、建物の所有者が他人に貸さずに使用しているものを言います。
  2. ②貸家(かしや)は、建物の所有者が他人に貸しているものを言います。借りている側からみると「借家」(しゃっか)となります。
  3.  建物には色々な種類があります。一戸建住宅、共同住宅、事務所、店舗、工場、倉庫などです。

 

底地は、「建物所有を目的とする借地権等の付着した土地」で、土地の所有者がその土地を自分で利用せず、他人が利用している形態です。ただし、建物所有を目的としていない貸駐車場は借地権が付着した「底地」ではありません。

 

底地は、「建物所有を目的とする借地権等の付着した土地」で、土地の所有者がその土地を自分で利用せず、他人が利用している形態です。ただし、建物所有を目的としていない貸駐車場は借地権が付着した「底地」ではありません。

 

底地は、「建物所有を目的とする借地権等の付着した土地」で、土地の所有者がその土地を自分で利用せず、他人が利用している形態です。ただし、建物所有を目的としていない貸駐車場は借地権が付着した「底地」ではありません

 

底地は、「建物所有を目的とする借地権等の付着した土地」で、土地の所有者がその土地を自分で利用せず、他人が利用している形態です。ただし、建物所有を目的としていない貸駐車場は借地権が付着した「底地」ではありません。。

 

 

ああ ああ

 

asdsad
dasd dasd
dasd

 

お問合せ・ご相談はこちら

お問合せ・ご相談はこちら Contact